僕たちが見る夢には

きままに、9人を応援しています。

ここが良かったランキング! [FNS27時間テレビ]


FNS27時間テレビ、JUMPの皆さんそして、ファンの皆さんお疲れ様でした!


私はこの土日外出したりしていたのであまりリアタイしてません。そのため遅ればせながら今記事を書いております。


27時間テレビという、歴史のある番組に今回、JUMPが沢山携わることが出来たことはとても良かったと私は思います!
もしかしたらJUMPもファンも今回の27時間テレビで悔しい思いを沢山したかもしれない。でも、それ以上に良かったことも沢山あったと思います。わたしは、何事にも結構ポジティブなので、無事に終了することが出来たことが何よりの喜びです。


また、伊野尾くんお疲れ様でした!
超めざましじゃんけんというコーナーをひとりで持ち、視聴者に笑いを与えそして共演者の眠気を覚ませた伊野尾くん。最後には彼自身が落ちるというドッキリ付きでしたね。
また、それ以外にもたくさんの時間帯に出演し、とても大変だったと思います。お疲れ様でした。でも沢山吸収できたことも多いのではないでしょうか。
彼は何でもスポンジのように吸収出来るから、この経験が彼を成長させJUMPにそして自分自身に還元されるのを楽しみにしています!


と、いうことで、前フリが長くなってしまいましたが、ここが素敵!良かった!ランキングを勝手ながらつけさせていただこうと思います。
私は一応有岡担なので、有岡くんが増えることご了承ください。



第5位
「知念、山田からボタンを奪う。」
(いただきハイジャンプ×キスマイBUSAIKU!?)

はい。素晴らしく知念くん可愛かったですね!
いやー知念ちゃんの小悪魔大爆発!
やまちねは山ちゃんが知念くんにとっても甘甘なので笑山ちゃんはあの時知念くんのことえっ!とか思いながらもいいよって思ってるのではないでしょうか。しかも、山ちゃん2回目押させてあげてるよね?待ってるよね?うわぁぁ。やまちねポイント。



第4位
八乙女光、サプライズ王子となる。」
(いただきハイジャンプ×キスマイBUSAIKU!?)

キスブサにおじゃまさせていただくような形になった今回のコラボレーション。ひかるくんが2位で名前を呼ばれた時、これから起こることを考えたら動悸が速くなりました。とっても良かったですね!調子いい時のひかるくんのらじらーの口説きみたいな…
ちょっと髪の毛が心配でしたが。笑
指輪がついてきた時にはひかるくんこんなことしてくれるのーーーー!ととってもキュンとしました。こんな事されて堕ちない女子なんていない!



第3位
「伊野尾慧、Mr.Childrenを口ずさむ。」
(ナオトインティライミ100曲ライブのワイプ)

この時世界が動いた。
ナオトが昔ミスチルのコーラスをしていたからか、たくさんミスチルの曲を歌ってくれました!その時、伊野尾くんがほとんどの曲をワイプで歌ってたんですよ!!!
もうとってもとっても嬉しくて!(私がMr.Childrenファンという事はこちらより。JUMPに歌って欲しいMr.Childrenの曲 - 僕たちが見る夢には)
で、それを母が見てくれていて、伊野尾ちゃんミスチル歌えるん?って言ったんですよ!
だから私は、らじらーでたまに鼻歌で歌ってたりするよー。ひかるくんとか薮くんも好きなの!
って押しておきました。薮くんもミスチル結構好きみたいです。本当に嬉しかったなぁ。
こんなのが第3位でひかるくんごめんね。



第2位
「有岡大貴、仲直りのキスを考える。」
(いただきハイジャンプ×キスマイBUSAIKU!?)

ほかの誰になんと言われようとも大ちゃん、君がNo.1だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
心配になった?って聞かなくても心配に決まってるじゃん!とか突っ込みどころも沢山ありましたが、とにかく可愛かったし、真剣なのが伝わってきました。私は最後の言葉の意味ちゃんと1発で読み取れましたよ!
いつも頑張ろう頑張ろうと思うと頑張りすぎて空回りしちゃう大ちゃんなのは通常運転だったけど、表情はもういつもと全然違って爆モテ大爆発してましたね。
照れながら終了ボタンを押すところもとっても可愛くて良かったです!
そのあとの玉森くんもよかったですね!さすが「キャリアが違う。」笑


番外編
「有岡大貴、女子更衣室に反応する。」
(FNS全国高校生スーパーダンク選手権)

題名があれでごめんなさい。いや、うんとってもその時のあなた可愛かったんだ。中学生みたいなノリが。とっても可愛かったので番外編でこそっと紹介。



第1位
「JUMP、スーパーダンクを成功させる。」
(FNS全国高校生スーパーダンク選手権)

最後に決まったシュート、とっても綺麗につながりましたね!
なかなか決まらなくてでも、その度にJUMPのメンバー達は失敗してしまったメンバーを励ましてたくさんチャンスをもらって。
1回で決めること。それが重要なのも事実。でもミスをしてしまってもそれをちゃんと分析して、改善して、成功させること。これも重要だと私は思います。
ダンクを通してJUMPたちそして、出場した高校生たちからあきらめずに何度も挑戦していくこと、みんなで協力し励ましあって一つのことを作ることを改めて教えてもらいました。こんなことこの企画以外でも学ぶ機会は沢山あるけど、でも、それを学ぶ1つの手段としてこの企画の存在する価値はあるし、良い企画内容だったなぁと思います。



まだ書き足りないこともあるけどここまで。書き足りない分とても良い番組だったと私は思います。あくまでも個人の意見ですが。


そして、明日、7月26日はとうとう5thアルバム『DEAR.』のフラゲ日ですね!
城ホール公演に行くので必死で覚えたいと思います!暇があれば、『DEAR.』の楽曲についてもまた書きたいなーと思っております!


今回もお付き合い、ありがとうございました!


この沢山の良い経験がこれからのJUMPにつながっていきますように。