僕たちが見る夢には

きままに、9人を応援しています。

名前から見たJUMP 【デビュー9周年特別企画】



Hey!Say!JUMP、デビュー9周年おめでとうございます!!


最初は期間限定グループかな?ともメンバーには思われていたHey!Say!JUMPも月日が流れ、グループとしてどんどんまとまりを持つようになってきました。

そんなデビュー9周年を記念して、少し長めの企画を。



『名は体を表す』と言いますが、親からもらう最初のプレゼント。それが名前です。
漢字がどうのとか画数がどうのとか悩んで悩んで付けられた人。読みのリズムなどからつけられた人。人それぞれだと思います。


今回は、その『漢字』に視点を当ててそれぞれの名前の漢字の意味からメンバーを見てみたいなと思います。


では、始めましょう!




涼介の「涼」には、『涼しい』や、『清々しい』の意味がありますが、『憂える』や、『ものさびしい』という意味もあります。
山田くんの憂いの表情や寂しげな表情はとても美しいし、儚いですよね。

「介」には、ひとつ面白い意味がありました。『ひとり。ひとつ。』
最近、彼は雑誌で一人で背負ってきたものが軽くなった。と語っています。「絶対エース」という期待を常に背負っていた山田くんにぴったりだなと思いました。
「介」にはまた別に、『頼る』『大きくする』という意味があります。これまで以上に、メンバーに頼って、これからも絶対エースとしてメンバーとともに、グループを盛り立てていってください!




知念侑李

まず、「李」から。「李」はすももです。知念くんのメンバーカラーのピンクですね!また、使者という意味もあります。
そして「侑」には『助ける』という意味があります。ここからはすごく曖昧な解釈になるのですが、知念くんはJUMPにとっての癒しのような存在で、自分ではあまり役に立つように振舞ったりしていないかも知れないけれど、存在自体がメンバーを助けたりしているのではないかなと。すごく強引な解釈ですけど。そんなメンバーを『助ける使者として、支えて行ってください!




中島裕翔

裕翔が、カメラやお芝居を磨き始めたのは山ちゃんとセンターを交代した時でした。自分の特技を探すために自分を見つめ直し、ただがむしゃらにもがき続けた日々。「翔」の『ふりかえる』『さまよう』という一面がでてたのではないかなと思います。ただ、そうしてさまよい続けたのち、脇で引き立たせるとか、演技にどんどん挑戦したり、ドラムやカメラを磨いたりして新たな自分の存在意義を見つけました。
これからは、「裕」の持つ『満ち足りた広い』空を大きく『翔けて』羽ばたいてください!





「圭」というのは、古代中国の宝石で作られた宝飾品のことだそうで、そこから『貴重な』『清らか』という意味が生まれたそうです。
また、ケイという発音が「K」に似ていることから、この頃からお父さんは圭人に留学をさせようと思っていたのかな?とも思いました。深読みしすぎかもしれませんが。
圭人は、とても自分の気持ちに素直に生きていると私は思っています。だから、人に優しくできる。そんな『清らか』な心を持つ『ひと』圭人、もっともっとこれから、活躍していってください!




有岡大貴

ひかるくんがMyojoの10000字インタビューで、本当に心が広いのは大ちゃんだと言っていました。
「大」には『ひろい』という意味があります。デビュー当時から言っていた "7とBESTの架け橋" になること。彼は年齢だけでなく性格からも適任だったようです。大ちゃんだからなんでも受け止めてくれるから相談できる。そんな一面をこの漢字は表していると思います。
「貴」には『大切である』『尊敬する』という意味があります。彼はヒルナンデスで、共演者の方々に大切に接してもらっているなと思います。それは、彼が共演者の方々を尊敬しているから生まれてくるものではないかな?と思います。これからも、たくさんの人を『大切に尊敬して』そしてメンバーの『おおきな』支えとなってください!





「光」には、『ひかる、かがやく。』といった意味と、『てらす』という意味があります。
これも、彼のMyojoでの1万字インタビューに書かれていましたね。
Jr.時代、たくさんいるJrたちのトップを走り続けたひかるくんは、JUMPが結成されてから、JUMPを照らすために頑張り続けています。
これからも、自分の多彩な才能を『光らせ』ながらJUMPを『照らし』続けてください!




伊野尾慧

「慧」には、『かしこい』という意味があります。明治大学理工学部建築学科をストレートで卒業した伊野尾くん。今は、その学歴を生かして『めざましテレビ』への出演や、建築関係のお仕事で雑誌やテレビに載っていますね。
また、テレビ番組でのコメントやラジオのMCでは『さとい』伊野尾くんのセンスが光っています。
その『賢さ』や、『知恵』で輝き続けてください!





まず謝ります。ごめんなさい。

「也」という漢字には、助動詞的に用いられるのであまり意味がなく、今回は助動詞「なり」の持つ『詠嘆』の意味を用いようと思います。
そして、「雄」ですが、まさに字の通り『雄々しい』や、『さかん』という意味です。
この二つをつなげると『雄々しいなぁ。』ということになるのですが、これは、雄也の持つ「セクシーさ」とかそういうのを表しているのではないかな?と思います。
おそらく初めて、高木くんを見たとき「セクシー担当だわこの子」とみんな思うはずなんです。そうやって、見ただけで人に自分のイメージを植え付けさせることができるのは、時にマイナスになってしまうかもしれないですが、「あ、Hey!Say!JUMPのセクシーな子って高木くんだよね。」と覚えてもらいやすくなるのではないでしょうか?
これは、雄也の特権だと思います。
そして、そうやって興味を持ってもらえた人に、ギャップで堕としていってください!




薮宏太

「宏」には、『ひろい』『おおきい』そして、「太」には、『極めて大きい』という意味があります。
この意味を調べた瞬間、なんて薮くんにぴったりな名前なんだろう!と思いました。やっぱり、JUMPがここまで頑張ってこれたのは、最年長である薮くんの引っ張りのおかげでもあると思うし、きちっとまとめるところでまとめられる薮くんの力があったからではないでしょうか。
その、華奢な体つきからは考えられない心の『ひろさ』そして、みんなを支える『おおきな』柱となってこれからも頑張ってください!




さて、全員終わりましたが、どうでしたか?
途中強引な部分もありましたが、名前と性格って一致するものなのだなぁと思いました。


そもそも、薮くんの「宏」ってうかんむりだっけ?って思って漢和辞典を引くと、意味が載ってて、薮くんにぴったり!とおもったのがはじまりで、ここまでかけるとは思っていませんでした。



私が面白いなと思うのは、
「侑」「裕」「雄」と同じ「ゆう」の読みでも、それぞれ漢字が違って、それぞれに当てはまる漢字が使われていたところです。




デビュー10年目のこの1年がメンバーそれぞれにとって、そしてグループにとって素晴らしいものになりますように。



今回も読んでいただきありがとうございました!